シニアマンションとは

シニアマンション

シニアマンションは高齢者が安心して住めるようバリアフリーのマンションです
高齢者向けとあって、各種サービスも提供されており、サービス料に値する管理費も発生しますが、食事の提供や緊急装置の設置、生活や健康面での相談も出来ますので、管理費が発生するのは当たり前と言えば当たり前です。
一般のマンションでも共益費として費用がかかると思いますが、シニアマンションでは管理費という名目で徴収している事がほとんどです。

よく高級分譲マンションではコンシェルジュがいますが、シニアマンションでは大抵コンシェルジュか管理人がいます。
そのため、管理費が割高だと感じる方もいるかもしれませんが、そのような体制の為、人件費も含まれているので普通のマンションよりも高額となります。
中には、単なる無資格の管理人ではなく、ヘルパーの資格を持ったものや、安心感を強く押し出したい物件では、看護師が日中いる所もあります。
通常のマンションより高く感じる要因のもう一つは、共用部の充実度によります。
ビリヤードをやるスペースやライブラリーがあるなど、寛げるスペースは普通のマンションではあまりないですよね?
シニアマンションでは、付加価値を求める世代に合うように造られていますので、そうした設備が付いている所もあります。

ここでは生活支援をしますので、上記のようなサービスが付いた高齢者向けの賃貸住宅のようなものです。
アパート、マンションのようなタイプで、安心ハウスもその中に含まれます。
ほぼ全てと言ってもいいと思いますが、運営は企業にて行われていますので、入居年齢(提供先による)や要介護の有無は問いません。
しかし、介護が必要な方なら月々の費用負担を抑えるため、介護保険認定を受けておいた方がよいでしょう。
ちなみに、介護サービスを取り入れる場合、外部から訪問の形にするか、デイサービスという形になります。
シニアマンションによってはレストランや診療所、リハビリ施設が併設、あるいは近くにあることもあり、高齢者が生活に必要なものが揃っていたりします。
ただし、全てが個々となりますので、喫茶店に行く、病院に行ってみるといった感覚になりま す。