シニアマンションに向かない人

普段の生活を変えることなく、自由に過ごせるシニアマンションですが、人の考え方は様々ですので、向かない人もいます。

例えば、誰かに指示をしてもらわないと動けない方だと、他の入居者に迷惑というふうに取られることもあります。
つまり、誰かに依存しないと生活できない方は、他の入居者とのトラブルになることも考えられますので、老人ホームで団体生活を送った方がよいということになります。

また、はじめから介護度が高い方はシニアマンションには向きません。
なぜならば、外部から介護サービスが導入できると言っても、利用する回数が多い分、毎月の負担額は大きくなってきます。
24時間体制で訪問介護を取り入れるとなると、相当な負担となってきます。
家族を呼んでとなった場合、シニアマンションに引っ越してきた意味がありません。
ただし、建物や居室がバリアフリーという点では自宅での介護よりも幾分楽になります。
そのように考える場合、契約前にしっかりと調べておくことです。
シニアマンション経営者によっては、審査は緩いとはいえ、様々な基準を設けていますので、他の入居者に迷惑がかかる、ここでの介護が難しいと判断された場合、入居は出来ないことになっています。