シニアマンションの種類

シニアマンションと呼ばれている住居形態の他にも10種類以上にも及ぶ老人関連の住まいがあることを知っているでしょうか。これは介護を必要としている人が入居する老人ホームなども含まれていることなのですが、シニアマンションとなりますと中でも自立して生活を問題なくすることできる人々が基本居住することのできるマンションのことをそのように呼ぶようです。

シニアマンションの中にはリハビリ施設などが隣接されている場合もありますし、外部のサービスを利用する事が可能なマンションもあります。
体が思うように動く限り、自分で身の回りの生活をする事ができる限りはここで生活をすることができます。

ただシニアマンションの種類も全国様々な形態で展開されていますから、どのようなサービスを提供しているのかということは種類別、または地域別に検索していく必要があるかもしれません。そういった場合にはソーシャルワーカーなどに個別に相談をしたほうが一番情報を収集できるのではないかと思われます。

介護付き・介護なし老人ホームと同様に入居する際には費用が必要になってきます。
介護保険が適用となる一部のサービスもあるようですが、基本的にはいかなるサービスにおいても常に追加課金されるということを頭に入れておきたいものです。