介護や医療が必要になったときは?

自由な時間が過ごせ、わがままにできる(他の入居者に迷惑がかからない範囲)シニアマンションですが、ここは介護が必要になったときにも継続して住み続けることが出来ます。
介護サービスを取り入れる場合、外部からデイサービスか訪問を選択することが出来ます。住み続けながら取り入れられるというのは安心感があります。
ただ、介護度が重くなり、24時間体制で見守りが必要になった場合は、介護付きの老人ホームに移ることになります。毎月の負担額が増えることと、シニアマンションの規定によるものですので、全てがそうではありません。

医療が必要になったときは、通院するか、入院して一時療養ということになります。手術の場合、集中して治療したあとは、リハビリが出来る老人保健施設などで一時的に過ごす形となるでしょう。その後シニアマンションに戻ってくる形となりますが、そのときの身体の状況によって入居継続が可能かということになります。

老人保健施設は、治療を終えた高齢者が自宅復帰されるまでリハビリを行ったり、経過を診る施設となります。よって、入院期間は数ヶ月と短いものになります。寝たきりになられた方はここから自宅か特別養護老人ホームに行かれる方が多いようです。