シニアマンションや高齢者住宅のおすすめは?

シニアマンションというのは、自立した生活を送りたいものの高齢に伴って負担に感じる家事や料理などのサービスが付随しているマンションの事です。

通常のマンションと同じく分譲されていて、購入し自分の持ち物になるので将来的に使わない場合は、売却や賃貸として貸し出すことも可能です。

シニアマンションは、一般的なマンションと同じく固定資産税を納めなければなりませんし、管理費用なども掛かってくる場合が多いので、ある程度費用がかかります。

シニアマンションには様々な形態があり、医療機関が同じマンション内に入っていたりする場合や、マンション内にスポーツ施設やプール、温泉施設が併設されている場合もあるので自分たちの好みに合わせて選択すれば充実した日常を自宅近辺で過ごすことが出来ます。

シニアマンションのメリットと言えば、自分のプライバシースペースがしっかりと確保出来るのに、他の入居者との交流が出来るので自分のペースで人付き合いが出来る所です。
人付き合いはとても楽しいものですが、同時にストレスになることもあるので、そのあたりがとても重要です。

シニアマンションには、色々な形態がありますがおすすめなのが今よりもう少し年を重ねた時にも安心して住めるように、介護サービスや看護師駐在サービスがあるマンションの場合、少し介護が必要になった時にも住み慣れた場所でお世話してもらえるので、そのあたりもポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です