シニア向けマンションとは

シニア向けマンションは、バリアフリー設計など高齢者が住みやすいように設備を整えているマンションになります。
サービス付き高齢者向け住宅にも自立の方を対象としたシニア向けマンションがあります
マンション内のサービスも高齢者向けに提供されていて、一般のマンションよりもより良いサービスが受けられるようになっています。
例えばフロントがあったり、安否確認サービスがあったり、緊急事態の際のサービスがあります。
施設設備としてはスポーツジムが併設されている、図書館があるというような感じです。
介護を必要とする場合は、別途介護サービスを依頼しなければいけません。
シニア向けマンションに住まれる人は、身の回りのことは自分でできて重度な介護サービスを必要としていない人となります。
シニア向けマンションは分譲マンションとなっているので、購入した人のものになります。
自然が多い場所、駅から近い場所、生活がしやすい場所に建てられているマンションが多いです。
購入費用は高いので十分なお金がなければなかなか購入できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です