シニアマンションとは

シニアマンションとは、文字どおりシニアの方々が生活しやすいよう、バリアフリーが完備されたマンションのことです。
基本的には、富裕層を入居対象としており、生活支援サービスの他、レストランやジム、シアタールームなどが併設されていることもあります。

シニアマンションには、賃貸と分譲がありますが、分譲の場合は入居先が自分の財産となるということです。
購入した後は、売却・譲渡・賃貸はもちろんのこと、子供などに相続させることも可能です。
ただし、分譲の場合は、賃貸のように毎月入居費用を払うという形ではなく、住宅ローンなどを使って購入するという形になります。
金額も、通常のマンションと同じかそれ以上ということが多く、購入費用にプラスして毎月の管理費・修繕積立費などが発生することになります。

こういった物件は不動産会社で販売されていることも少なくないので、分譲を購入しようかと考えている場合は、一度問い合わせてみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です