シニアマンションのサービスについて

シニアマンションは、法的には普通のマンションと同じ位置付けの建物です。
違うのは、入居者の募集にあたり、「60歳以上」という条件を課していたり、生活支援サービスなどを付帯させているだけです。
では、どのような生活支援サービスを行っているのかというと、スタッフによる見守り・食事や洗濯などの世話・緊急時の対応などといったものです。
これらは、マンション側が独自に提供しているものです。
では、介護や医療部分のケアはどうなっているのかというと、上述のようにシニアマンションと普通のマンションは基本的に同じ位置付けのものなので、設立に関して、介護士などの人員配置基準や設備基準といったものは存在しておらず、そういったサービスを提供できる施設を用意している所もほぼありません。
そのため、シニアマンションに住んでいる人が介護や医療サービスを受けたいと思ったら、外部の訪問介護サービスなどを利用することになります。
そういった点を踏まえて、入居するかどうか検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です