シニアマンションは賃貸と分譲があるが

一言にシニアマンションといっても、分譲タイプと賃貸タイプがあります。
基本的にどちらもシニア向けマンションとなるわけですから、高齢者の方が暮らしやすいように設備やサービスが配慮されているマンションであるということになります。
当然ながらバリアフリーで設計されていたり、安否確認の見守りサービスなどがあったりしますので、安心して高齢者が住むことができるようになっています。
反面、あくまでそこそこ自立して生活ができていると人ということが入居の条件となっています。
しかし、やはり施設のサービスの内容が充実している事が多いです。
もちろん、それは施設によって違いが出て来るところではありますが、食事の提供から見守り、高齢者特有の様々な生活相談、フロントサービスなどいざというときにとても助かるサービスというのが多く提供されることになっていますから、そういう点においては分譲も賃貸も極端に違いがあるというわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です