バリアフリーで過ごしやすいシニアマンション

私の叔父は先に奥さんに他界され、しかも仕事づくめの日々だったので、定年後の生活力がとても低くて心配でした。
それまでは忙しかったので外食で済ませたり、洗濯もクリーニングに出すなど、金銭的に解決をしていました。
しかし、いざ定年すると時間も有り余りますし、老後の資産を無駄に使えなくなるので、家事全般をこなさなくならなくなり、どうしても限界がすぐにやってきました。
そこで、すっぱりとシニアマンションに入ろうと思うという相談を持ち掛けられました。
私自身、シニアマンションがどのようなものが実際に見たことがなかったので、見学するいい機会にもなりました。
入居を想定して訪れたところは、一般のマンションに比べても、すべてがバリアフリー対応になっていて安心して動けました。
食堂での食事になるのですが明るく開放的な印象でしたし、あらゆるところに一般のマンション以上の気配りを感じました。
ただ入居者がすべてシニアであるということが、一般のマンションとの決定的な違いになるのですが、まださほど介護を必要としていない方が多いので、かなり活気のある過ごしやすい場所に思えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です