分譲と賃貸のどちらが良いか

高齢者向けの物件への移り住みを検討していると、分譲と賃貸のどちらが良いかかなり迷ってしまう。長い間住むとなると分譲の方が得というのは分かっているものの、この年になるといつ何が起こるか分からないからだ。つい先日も友人が脳出血を起こし、あっという間に半身麻痺になり寝たきり生活になってしまった。この間まで一緒に飲みに行っていたのに。

私が住んでいる千葉県でシニアマンションを検索してみると、調べるのが大変なぐらい検索結果に出てきました。そのほとんどは賃貸型ですが、分譲型もいくつかヒットしました。何回もテレビに出ている「スマートコミュニティ稲毛」という所や、最近首都圏で棟数を増やしている「デュオセーヌ」という名前が出てきます。設備や雰囲気は申し分ないので、後は予算と月々、立地の比較になりそう。

分譲よりも賃貸の方が入りやすい為、そちらを中心に問い合わせてみたが、分譲に比べ比較的年齢が高く80歳半ばぐらいになっていた。状態も全く元気な人だけでなく、車椅子や下を見て歩くような腰が90度に曲った人など、状態が悪くなってしまった人も多いみたい。

初期費用がさほど掛からないので、入りやすく出やすいメリットは感じられるが、自分の状態や年齢と比較すると賃貸型では合わないかもしれない。但し、分譲型も売る時には相当値段が下がるというのを聞いているので、踏み切れずに唸る日々が続いてしまっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です